欧米食はわきがになりやすい?和食はわきがを抑える?

日本人はもともと体臭が少ないのですが、近年体臭が気になる方が増えているようです。その原因の一つが欧米食です。どうして欧米食でわきがが強くなるのでしょうか。また、わきが対策にはどのような食事をするといいのでしょうか。

 

欧米食とわきがの関係

 

わきがの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗です。この汗にはタンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれていて、これらの成分を皮膚に住む雑菌が分解して臭いになります。

 

肉類や乳製品を食べ過ぎるとアポクリン汗腺からの汗の分泌が促されて、わきがが気になりやすくなります。欧米食の普及で肉類や乳製品を食べる機会が増えたため、日本人の体臭がきつくなってきているのです。

 

和食が理想

 

わきがを抑える食事が和食です。和食は肉類や乳製品が少ない食事です。和食を食べていた日本人はわきがが少なかったかもしれません。

 

和食といっても人によって思い浮かべるものが違うと思いますが、野菜・海藻・きのこ・魚・ご飯を食べ伝統的な和食がわきが対策に効果的です。野菜には抗酸化作用があり、皮脂の酸化を抑えて臭いを抑制します。食物繊維が豊富でお通じがよくなり腸内環境が良好に保たれます。

 

迷ったときは「まごわやさしい」と覚えてください。豆類のま、ごまなど種実類のご、わかめなどの海藻のわ、野菜のや、魚のさ、しいたけなどきのこ類のし、芋類のいのことです。これらを万遍なく食べるとバランスがよくなります。

 

外食では

 

最近は和食を食べられる外食店が多くなっています。おいしい和食のお店を見つけておくといいでしょう。

 

肉類を食べるときは、たっぷりの野菜を一緒に食べます。野菜の抗酸化作用や食物繊維がわきがを抑制します。サラダはかさがあってあまり食べられないので、サラダだけでなく温野菜なども食べましょう。

 

コンビニのお弁当の場合もサラダなどの野菜をプラスします。野菜ジュースは野菜の代わりにはなりませんが、どうしても野菜を食べることが難しい場合は、野菜ジュースを利用するのもよいでしょう。

 

ボディソープも消臭効果の高いものを使用するようにしましょう。クリアネオのボディソープはユーカリエキスが配合されていて、体臭が気になる人にはうってつけの製品です。

 

http://www.masserialoprieno.com/ボディソープ.html